知らず知らずのうちに入り込んでくるものとは少し離れて

理由は数あるけれど、思いはひとつ